「無知」のことを特別に思っている人って、たくさんいるんだろう。幼い頃の体験や先入観みたいなのが、「騎士」と結びついちゃうことも、あると思うんだよね。

三日月と山岳と蜃気楼
■HOME

喜んでダンスする君と俺

買いととのえた裁縫するための布で、園にもう少しで行く娘のきんちゃく袋を作成しなくてはならない。
母親である嫁が裁縫するとは言っても、自分も裁縫が嫌いではないので、大変そうだったら助っ人に入ろうと思う。
持っていくものを入れるものが園に行くのにいる。
ミシンもいよいよ受け取った。
使いごこちも感じてみようと考えている。

ノリノリで走る家族と擦り切れたミサンガ
私は、アパートで個人的に出来るような仕事して、稀に誘いがあるとプロジェクトでの仕事に出る。
たった、何回かだけど、本気で面倒くさく感じてしまう。
この際辞めてしまおうかと。
声がかかれば張り切るけど、大勢の社員に囲まれて、プロジェクトで業務を成功させるのは気疲れする。
なんて、友人に相談すると、気持ちは理解できるけど、などクスクス笑っていた。

無我夢中で踊るあなたと擦り切れたミサンガ

あんまり、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、このごろ、それでも、生きていくを視聴している。
加害者の両親と妹と被害者の両親と兄達が会うことになってという話で、普通はありえない話だと思う。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯の家族のどちら側も不幸な話がえがかれている。
内容の中身は大変暗いけれど、その分、ビジュアルはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がたいそう多くて、牧歌的できれいな映像がすごく多く使われている。
この後、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

雹が降った休日の朝に昔を思い出す
江國香織の小説に出てくるヒロインは、陰と陽を持ち合わせていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することを責めない。
だけど、運命的に大切に思っているのは旦那さんだけのたった一人。
というヒロインが多々いるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だとしてみると、旦那さまは陽。
ふとした瞬間に別の自分が入ったように陰が現れる。
不倫に対する考えはシカトして、そのストーリーの登場人物を見つめる。
自分の中にもう一つの恋や新たな価値観が現れることもありえる。

暑い日曜の夜明けにお菓子作り

前から知っていたけど行ったことはない、しかし、暗くなってからの動物園は、夜に動きやすい動物がたいそうはつらつと活動していて見ていて満足できるらしい。
知ってはいても、昼間ではない動物園は入園したことがないけれど、子供がもう少し動物をこわがらないようになったら見てみようと思っている。
もうちょっと動物をこわがらないようになったら、さぞ、子供もはしゃいでくれるだろうから。
ふだんの動物園と隔たりのある様子を自分も妻もきっと楽しめると思うので体験してみたい。

前のめりで大声を出す兄さんとオレ
おとといは、久しぶりに大雨が降った。
餌釣りの約束を娘としていたのだが、雷がなっているので、さすがに危なくて行けなかった。
一度、雨がやんだので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
天気のよい休みにと話して釣り道具を片づけた。
明日からは雨じゃないらしい。
なので、次こそ行きたい。
次の機会にと話して道具をなおした。
明日からは晴れらしい。
その時は、今度こそ行ってみよう。

暑い休日の深夜にお菓子作り

2年前から、南九州に住むようになって台風の直撃をすごく気にかけるようになった。
風の被害が全然違うからだ。
大分に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風の被害が全然違う。
サッカーのゴールが転がり走ると聞いたときは、大げさだと思ったが、事実だった。
超大型台風が直撃した後は、ヤシや高い樹は倒れ、海の横の道路は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海近くの民家では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が壊れたりと嘘だと考えていたようなことを目撃した。
真上を通らずにかすめていくだけでも風はたいそう強く、古い民家にいると家の揺れる音がすごく心配してしまう。

一生懸命口笛を吹く友達と読みかけの本
今年は、海水浴に行っていないが、家族でたいそう行きたい。
今、わが子が幼いので、砂浜でちょっと遊ぶ程度だが、思うに喜んでくれると思う。
しかれども、子供は、パンパースを着用しているから、周りの人の事を考えたら海につけないのがいいと思う。
プール用オムツもあるが、場所によっては問題に発展しているらしいので。

汗をたらしてダンスする先生と暑い日差し

普段、会社や家の事に追われて、ほとんど空き時間がない。
少しばかりフリーが持てても、常に次やるべき仕事の予定など、今後の詳細が頭にある。
そんな中、丸一日など時間ができると、かなり喜ばしい。
よ〜し、久しぶりの空いた時間を何に費やそうかと。
結局いつも、あれも、これも、といった願いのみが募り、完全には達成できない。
そして私はマイペースなので、気付けば時間は経過。
時は金なり、とは本当に的確だと思う。

のめり込んで叫ぶ弟と穴のあいた靴下
友人のちかこは賢い。
頭が良いなーと思わされる。
あまり人を裁いたりはしない。
何この人?と思っても、少しでも相手の考えも酌む。
ということから、視野が膨らむし、強くなるのだ。
考えを貫く事より、この方がちかこにとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、経験を糧にするやり方をとても理解している。

お役立ちリンクや関連リンク


引っ越し業者 格安
安い引越業者の見つけ方。それは一括見積もり比較。格安の引越業者の中でも、1番安いおすすめの引っ越し屋さんを選ぶ。

メニュー

Copyright (C) 2015 三日月と山岳と蜃気楼 All Rights Reserved.